香りと旅して

香りと旅して

【沖縄県】心も体も喜ぶ癒しの沖縄ステイ

月桃の取材で訪れた冬の沖縄。
宿泊でお世話になったのは、沖縄県中部、北中城村の丘の上、心地よい風が吹き抜ける見晴らしの良い「EMウェルネス 暮らしの発酵ライフスタイルリゾート」。
自社農場で育てた野菜や卵を使用した健康的な食事やケミカルフリーの空間など、こだわりたっぷりのホテルをご紹介します。

「EM」って何?

ホテル名にもなっているほど、ありとあらゆるところで目にした「EM」というワード。
ホテルをご紹介するその前に、ちょっと「EM」について触れていきます。

<EM=善玉菌の集まり>
*Effective(有用な)Microorganisms(微生物たち)の頭文字

EMとは、人にも環境にもやさしい善玉菌の集合体。
元々自然界の中にいる菌の中で、農地や水環境の改善にチカラを発揮する光合成菌や乳酸菌、酵母などが共生した集まりのことをいいます。
複数の善玉菌が集まることによって、相乗効果が生まれ、人にも環境にも嬉しい効果がたくさんあるのです。

そして、私たち人間にとっても良いことづくし。
食事と一緒に体に必要なミネラルや乳酸菌を取り入れることで、調子が整い日々の暮らしが楽になります。
また、臭いや汚れの元を分解するので、住環境を整えるのにも効果的なのです。

こちらのホテルでは、そんなEMのチカラを利用した食事や暮らしの提案をし続けています。
参照:EM BOOK No.1「はじめてみよう EM生活」

心と体が喜ぶ琉球料理の数々

ホテルステイの楽しみといえば、やっぱり「食」。

「琉球料理伝承人」の資格をもつ総料理長の元、こだわり抜かれた食材をひとつひとつ丁寧に手間暇かけて作りあげられた料理。

事前のリサーチでこんな説明書きを目にして以来、待ちに待っていた至福のときです。

夕食会場「結庵」

素敵なのれんをくぐると、一面ガラス張りの開放感あるお食事処へと案内されます。

今回は朝夕ともにバイキング形式。
会場には、色鮮やかなお料理たちがずらっと並べられています。

早く食べたい。
そんな気持ちを抑えながら、さっそく撮影をはじめる編集部。
 
他の宿泊者の方のお邪魔にならぬよう配慮は忘れずに。でも、食材の美しさも写真に写真に収めなければ。

ああ、早く食べたい。

いろいろな思いと葛藤しつつ、お料理をパシャパシャと撮影していきます。

この「ご飯を目の前にしても、すぐには食べられない。」は、何度経験してもやっぱり耐えられません。

手分けして写真を撮り終え、各々気になった料理をチョイス。
そして、ついにこの時が。

お疲れさま〜
乾杯〜

乾杯のビールはもちろん「発酵食品」

ここに訪れたら絶対に食べてみたかった沖縄県産もろみ酢を使ったこだわりの「発酵寿司」。

マグロやいかなどの一般的な鮮魚の握りの横には、色とりどりの島野菜を使ったお寿司がずらり。赤紫蘇やオクラ、ゴーヤに島らっきょうといった個性豊かな握りたちがびっしりと並んでいます。

島野菜のお寿司

ホテルのおすすめは、「醤油を使わないこと」。

早速、島野菜のお寿司をひとくち。
醤油を付けずそのままいただくと、ほんのり甘いもろみ酢と野菜の味がダイレクトに感じられます。

美味しい!!!

二人とも目が丸くなるほど。やさしい上品な味に感動です。
私のイチオシは、島らっきょう。
シャキシャキとした食感がクセになり、何度もおかわりをしてしまいました。

続いては、朝食のバイキングをご紹介していきます。
沖縄の伝統的な家庭料理の他、体にやさしい発酵がゆ、沖縄の長寿料理「ぬちぐすい」、自家製の焼きたてパン、砂糖不使用の発酵スイーツまで、発酵&EMのオンパレードです。

お米やドリンク、沖縄そばの出汁にもEMを使用しているという徹底ぶり。

こちらも手早くパシャパシャと撮影。

お料理すべてが体に良さそう!

そんなことを考えていたら、ついつい取り過ぎてしまいました。
(バイキングになると、毎回取りすぎる現象に名前を付けたい。)

お食事のどれもが、起床したての体に染みわたるやさしい味付け。
取りすぎたと思いきや、ペロリと完食。

滞在中のお客様も、穏やかで美味しい朝食の時間を思い思いに楽しんでいるようでした。

心地よいホテルステイ

ホテルのロビーは、白を基調とした開放感のある空間が広がっています。
フロントの反対側には、カフェスペースも完備されており、ゆっくりと起床した時は、こちらでブランチをいただけるそう。
こんな心遣いがあるのも、宿泊する側にとっては嬉しいポイントです。

また、ガラス窓の向こう側にある海が望める外のテラスでは、定期的に「朝ヨガ」が開催されています。
私たちがホテルを出発する時にも、ちょうど朝ヨガを終えた女性たちが撮影会をしているところに出くわしました。みなさんのキラキラした笑顔がとっても眩しい。

ホテルステイの間に、沖縄の空気を感じながら朝にヨガをするなんて素敵。。

次回、宿泊する機会があったら是非とも参加したいと思います。

さらに、このホテルに宿泊される方は、長期滞在がほとんど。
単なる”観光旅行”で訪れるのではなく、”ご自愛旅行”がメインなんだとか。
1日ホテルでゆったりと過ごされる方もいるそうで、ロビーには自家製パンが並んでいて、香ばしい香りが漂っていました。

お隣のショップも覗いてみると、いわゆる”お土産”と呼ばれるお菓子や雑貨はほとんどなく、天然素材で作られた調味料や発酵食品、EMを使った商品がたくさん販売されています。その一角に、アロマの棚を発見。

沖縄では、あらゆるところで精油づくりが行われているそう。
月桃やリュウキュウマツといった、沖縄ならではの香りを購入することができます。

続いては、私たちが泊まったお部屋をご紹介します。

クリーンな空気とベッド

お部屋に入ってまず感じたのは「空気の軽さ」。
とってもナチュラルなさわやかさで、思わず深呼吸をしたくなるほど。

それもそのはず。

客室は化学合成洗剤不使用のEM発酵液でお掃除されています。
シーツや枕カバー、備え付けのタオル、館内着などもEMでクリーニングをしているので、
ふわっとやさしい触り心地&着心地です。

館内着も爽やか

丘の上に建つこちらのホテルは、お部屋から北中城の街並みが一望できます。
さらに遠くには、沖縄らしい青い海も。

訪れた日は、沖縄も真冬のような気候で雲が多かったので、キラキラ輝く海を臨ことは
できませんでした。残念!

薄日がさして青い海が拝めました

周りはとっても静かで鳥の鳴き声が心地よく響いていました。

発酵ライフを提案し続ける理由

「帰った後に疲れを感じる旅ではなく、元気に日々の暮らしを始められる旅」
こんな新しい旅のカタチを、私たち宿泊者に提案し続けているEMウェルネス。

ホテルのEMに対する想いやこれからの展望などを、創造プランニング課に所属されている大城さんにお伺いしました。
SNSを通してホテルの情報を発信したり、ホテルで定期開催されているワークショップやイベントの企画担当をしている大城さん。
一人でも多くの方に発酵の素晴らしさを届けたい!そんな信念のもと「発酵ライフ」を発信し続けています。

笑顔が素敵な大城さん

EMをこれほどまでに普及し続ける理由とはなんでしょうか。

(大城さん)「EMを日常生活や産業に取り入れることで、病気になるリスクが減り、環境汚染も改善することができます。

化学物質や薬に必要以上に頼ることなく、”微生物”や”発酵”という「自然の力」を活用した”心地よいライフスタイル”を実践する人がどんどん増えたら嬉しいなと思っています。」

人間が食以外でEMを取り入れると、どのような影響がありますか?

(大城さん)「EMから作られた発酵液は、酵素や有機酸が豊富に含まれているので汚れや悪臭を無くすのに役立ちます。

家の中で活用すれば、おうちもクリーンな環境に整うだけでなく、空気も衣類も善玉菌であふれた暮らしができます。日常生活にあふれている化学物質も減らすことができるのです。」

「意外にも、私たちの身体や生活環境は微生物であふれているんですよ。
中でも広く知られているのは、腸内の微生物、腸内フローラと呼ばれています。

腸内だけに限らず、”どのような微生物環境で暮らすのか”が、わたしたちの健康や環境保護にとって重要であることが最新の遺伝子解析の技術でわかってきました。」

この先の展望を教えてください。

(大城さん)「農薬や薬・食品添加物など、化学物質の手軽さと便利さを追求して多用してきた結果、病気の蔓延や環境汚染という形で、大きな社会問題となっています。

EMが暮らしや産業に取り入れられ、オーガニック・ノンケミカルの社会が実現すれば、土壌や水や空気が浄化され、より暮らしやすい社会の基盤ができるのではないでしょうか。

そのビジョンを具現化させるために、現在、北中城村内の事業から出る生ごみを有機肥料としてリサイクル・活用させた、オーガニックビレッジづくりのプロジェクトを北中城村と共同で進めています。この先、発酵がさらに広がっていくと思うと、楽しみでしかたありません。」

最後に、大城さんのお仕事へのやりがいもお伺いしました。

「このホテルが発信する情報がたくさんの人に届いて、行ってみたい!や、素敵!などお客様から共感の声を頂けると嬉しくなりますね。
特に企画ものでは、たくさんのお客様へ足を運んで頂き、たくさんの笑顔や声があふれた瞬間と出会えた時、この仕事をしていて本当によかったなぁと感じます。」

おわりに

数えきれないほどのリゾートホテルがひしめく沖縄。
わたしたち旅行客の多くは、観光地巡りやビーチリゾートなど華やかな旅を真っ先にイメージします。

そんな中で「癒し」をテーマに、旅行客に暮らしを提供し続けるライフスタイルリゾート。
今回こちらにお世話になって、「自分と向き合う」ことの大切さに改めて気がつくことができました。
元々、発酵食品は好きでしたが、こちらのホテルと出会い、”発酵の世界”に魅了されてしまいました。発酵の勉強でも始めてみようかな、と本気で考えています。

最後に、せっかく沖縄を訪れたので、ほんの少し”アーシング*”をやってきました。
沖縄とはいえ、冬の海は冷たかったです。

*「裸足になって直接大地に触れる」というカリフォルニア発祥の健康法のこと。

<今回お世話になったところ>
EMウェルネス 
暮らしの発酵ライフスタイルリゾート
沖縄県中頭郡北中城村喜舎場1478番地
098-935-1500
https://kurashinohakko.jp/

関連記事

香りと旅して
【徳之島】珈琲の森を目指して
香りと旅して
【徳之島】珈琲と寄り道の途中で
TO TOPTOPに戻る